遠征大物釣り、船釣りから堤防釣り!SWルアーはシーバスからマグロ、カジキ用ルアーまで! ロッドクラフト用品、特に富士ガイドの品揃えは必見です!!
シマヤ釣具釣果情報!
木更津・川崎周辺の釣果情報をはじめ、海釣りの最新の情報を発信しています。
ホーム | シーバスロッド(ショアジギ・エギング・アジング) > リップルフィッシャーリップルフィッシャー・Avarice 103M Nano
商品詳細

リップルフィッシャー・Avarice 103M Nano

販売価格: 72,360円 (税込)
[在庫わずか]
数量:
アヴァリス / ヒラスズキロッドシリーズ
サラシの広がる磯で狙うヒラスズキは、逆風と激しい潮流、そして不安定な足場と悪条件が当たり前のゲームです。アングラーのアドバンテージは少なく、経験と場を読む力が勝利に導きます。
そんなヒラスズキ専用ロッドとしてリップルフィッシャーが生み出したシリーズが「アヴァリス」です。そして、2017年よりラインナップを見直し、3機種に絞りながら待望のMクラスを追加、また基幹となるMHクラスもリファインしました。
ヒラスズキロッドとしてのスタンダードな性能を研ぎ澄ましつつ、Nanoブランクによるシャープな斬れ味を追求。逆風を撃ち抜き、潮を縫う。高感度なブランクはヒラスズキのバイトスポットを体感としてアングラーに予告させる。
究極の読みの釣りとも言えるヒラスズキゲームに必要な性能を詰め込んだNewアヴァリス、いよいよ発進です。

ヒラスズキモデル用ロッドのアヴァリスシリーズはすべて旧モデルからブランクが変更になっています。すべてを印籠継にし、ナノアロイ®技術を採用したブランクはよりキャストフィールを重視した設計になっており、ナノアロイ®技術の持つ特性を生かし切ることを目指しました。振り抜けの良さ、ブレの収束の速さ、負荷に対しては瞬間的に曲がることで衝撃を吸収する特性は、足場の悪い磯における大物とのファイトでもアングラーにアドバンテージをもたらすでしょう。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
■Avarice 103M Nano
要望の多かったショートレングスMクラスの追加新機種。103というレングスは持ち重りが少なく、操作性と手返しの良さを追求したもので、足場の低い磯、ゴロタ浜でのヒラスズキ、小磯でのマルスズキ、サーフのヒラメなど幅広い汎用性を持たせています。ショートレングスでありながらしっかりとタメが効く調子のブランクは特にこだわって仕上げました。遠投性能と強靱なバットパワーも併せ持ち、ロングレングスロッドにも負けない性能に取り回しの良さを融合させたヒラスズキロッドの新機軸です。

・Lengh 10ft 3in(仕舞寸法1600mm)
・Weight 195g
・Section 2pcs / 印籠継
・Lure Max 40g
・Line Max PE1.5
◎適合リール目安・S:4000・5000 / D:3000・3500
グリップ長 / 577mm(グリップ全長)・423mm(グリップエンドからリールフットまで)
リールシート / DPS18(Fuji)ダウンロック
グリップエンド/ 成形EVA

※画像は110です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
■アヴァリス 1kg静荷重比較

ヒラスズキ用モデルのアヴァリスに1kgの負荷を掛けた曲がり比較です。参考までにシーバス用のシルバーストリーム103フロウスと、ヒラ兼青物用モンスターインパクト2機種も表示してあります。アヴァリス103Mに関しては平磯での使用をメインに考えたロッドですが、サーフでの使用にも適したロッドです。ヒラメや砂ヒラ狙いにもおススメです。

※この静荷重比較は各ロッドにリールをセットし、ラインを通した状態での曲がり比較です。固定支点はグリップエンドとリールフットの少し前になってます。この曲がりが竿の調子を全て表しているわけではありませんので、あくまでラインナップ中の比較材料としてご参考にしてください。